おねしょ

ゴールデンウィークや子供の夏休み、年末年始などに長期休暇が取れると旅行に出かける方は多いですよね。

小さい子供を連れての泊りがけの旅行で心配事の一つが旅館などの宿泊施設でのおねしょの心配。

 

おむつをはいているくらい小さな子供だとおねしょもあまり心配いりませんが、夜のおむつを取れたけどたまに失敗してしまう子供は旅館で「万が一おねしょをしてしまうのでは」と心配ですよね。

 

本記事では小さな子供と旅館に泊まるときに旅館から弁償されないか?という問題について紹介していきますね。

スポンサードリンク



小さい子供を連れて行く前に事前に確認しよう

 

連休などまとまった休みがある時は家族サービスをしたいもので、小さい子供と一緒に旅館に泊まり観光などをしたいと考えるものです。

 

小さい子供はいつの間にか寝ている時におねしょをすることもあるもので、どのような対応であるか確かめないと不安になるものです。

 

不安になる要因は弁償の方法や請求される金額で、事前に問い合わせてトラブルが起きないようにすると安心して利用できます。

 

家族で旅行をする時は雰囲気を台無しにしないようにしたいもので、小さい子供になると好奇心旺盛で勝手にはしゃぐこともあるため他人の迷惑にならないように責任を持ってしつけをすることが求められます。

 

旅館を選ぶ時は経営者によって考え方が異なるもので、いかなる理由があっても不備があれば責任を取ってもらうこともあれば事前に割り切って一切請求しない場合もあるものです。

 

宿泊施設を利用する場合は公式ホームページなどに約款などが記載されているため、事前に目を通してトラブルが起きないように責任を持って利用する必要があります。

 

おねしょに関することは貸し出している備品を汚す行為に該当し、清掃にかかる費用を請求されると考えて対策を講じる方法が望ましいです。

 

弁償の仕方は基本的に管理者の判断に委ねられますが、このような場合でも利用者の過失によるものであることは事実であり責任を持って言われたとおりに対処しないといけません。

 

スポンサードリンク



事前に体験談を確かめよう

小さいお子様を連れて旅行する時は余分な出費を支払いたくないものですが、少なからずトラブルがあることは想定する必要があります。

 

トラブルの事例として意外と多いことは子供のおねしょで、旅館は自宅と環境が違うため目を離したすきに起きやすくきちんと見張るようにしたいものです。

 

しかし、就寝中などにいつの間にか起きているもので、弁償をすべきかどうか確かめないとトラブルのもとになります。

 

こういう時に役に立つことは他の利用者の体験談で、インターネットで検索すると詳しい情報を知ることができ事前に事例を確かめると効果的です。

 

また、おねしょの処理のための費用を請求されなくても迷惑をかけていることには変わりはないため、すみやかに謝罪して信用を失わないようにしないといけません。

 

宿泊施設でのトラブルはもめごとが起きるとそれだけで旅行の楽しいムードが台無しになるため、ケースごとの対処法を知ることが大事です。

 

小さい子供を旅行に連れて行く時は相手が嫌がっていることもあり、事前に何も調べずに飛び込みなどで行くような行為をするとトラブルが起きやすくなります。

 

万が一おねしょをしてしまった時はとにかく謝罪しよう

小さい子供を連れて旅行に行く場合は寝ている時にいつの間にかおねしょをして布団を汚してしまうこともありますが、信用を失うか否かはその後の対応によって決まります。

 

旅館の管理人またはオーナーの考え方は人それぞれで、弁償をしてもらうこともあればそうでないこともあるものです。

 

弁償を命じされた場合はそのままぶすっとして支払いにだけ応じると人間性を疑われ、ひとまず謝罪して言われたとおりにする必要があります。

 

逆にしなくても良い場合は感謝の気持ちを伝えて謝罪し、相手が不快にならないように配慮することが大事です。

 

基本的に宿泊施設を利用する時は事前に規則が定められ、貸与する備品を汚した場合は清掃するための費用を請求されることを前提として考えないといけません。

 

このため、請求されなかった場合は「されなくてラッキー」と思わずに相手に迷惑をかけていることを認識し、ただ単に口だけで謝罪することだけでなく手紙などを書くなど誠意を見せることが重要です。

 

管理人またはオーナーは利用者の対応を重視するため、その場しのぎではなく誠意を持って対応しないと次回は断る傾向があります。

スポンサードリンク



同じ失敗を二度と繰り返さないようにしよう

小さい子供を連れて旅行をする時はいつの間にか旅館で寝ている間におねしょをすることもあり、どのように対応するか考えて信用を失わないようにすることが大事です。

 

失敗は誰でもあるものですが、重要なことはその後の対応を考えて繰り返さないようにする必要があります。

 

旅行をする時は旅館で楽しく泊まれるようにしたいものですが、そのためにはトラブルを想定して対処法を考える方法が望ましいです。

 

おねしょは寝具を汚してしまうことだけでなく室内ににおいが広がるため、予想以上に高い金額を請求されることもあります。

 

しかし、一方で良心的なオーナーであれば請求されないこともありますが、清掃をして次の利用者に安心して使ってもらえるようにするために苦労していることを認識することが大事です。

 

弁償はケースバイケースにもよりますが、どのような状況であれ必ず謝罪して不快にさせないように気を配る必要があります。子供を連れて旅行をする時は宿泊施設で嫌な思いをしないようにすることや、他人に迷惑がかからないように責任を持って行動することが大事です。

旅行の関連記事
  • おねしょ
    旅館で子供がおねしょをしてしまった場合は弁償する必要はある?
おすすめの記事