子供英会話3

小学校での英語の教科化ということで、そろそろ家庭でも準備を始めなきゃと考えているご家庭も少なくはありません。
家庭で出来ることってあるでしょうか?


スポンサードリンク



慌てて英語塾に通う必要はない

小学校での英語の授業は、英会話を中心として「英語に親しむ」内容です。
教科書で会話例を学習して、班ごとにやりとりをするような内容からスタートします。

今は英語の知識をある程度持っている子も多く、英語を習っていない子も数字や色程度なら英語で言うことができる子も少なくはありません。

出来ないから恥ずかしい、困るということもまだあまりありません。
小学校の授業自体はまだお勉強要素は低いので、授業のためにわざわざ塾に通う必要はないんです。

授業ではあまり期待はできない

小学校は担任がほとんど全ての授業を担当します。教科担当制の場合もありますが、市立小学校ではまだ進んでいません。
英語の授業も担任と、英語担当の先生が半々ということが多いようですね。

つまり中には英語があまり得意ではない、日本人の先生が担任になってしまうと、授業内容はそこまで期待することはできません。
小学校の先生方も大変な状況のようですね。
私の知り合いの小学校教諭の方も、英語が苦手だからどうしようとおっしゃっていました。

学校の授業だけでは物足りない、と考える場合のみ英会話教室や塾を検討してみてはどうでしょうか。

英語の授業対策を家庭でしてみよう!

小学校の英語の授業は、中学英語のように詰め込みではありません。
英語に親しむ程度で全く問題がありません。中学英語レベルしか分からない親でも、教えることは十分にできる範囲です。

小学校の英語授業では正解・不正解はあまり重要ではありません。
コミュニケーションを取れるかが大切です。簡単な日常会話レベルのやりとりをすることができれば授業対策は十分です。

中1の英語で会話はできる

小学校の英語の授業の内容は、広く浅くなので難しいことはしません。
会話なら中1の内容で十分です。

挨拶の仕方や、自己紹介の表現、WhatやDo youで始まる表現の疑問文が分かるなら全く問題はありません。

あまり難しく考えすぎず、チャレンジしてみてください。
まずは英語に苦手意識を持たず、恥ずかしがらずに声を出すことから始めてみましょう。

基礎英会話のCDをかけ流ししてみよう

英語は言葉なので、日常的に会話に取り入れるのが一番効果的です。
週に1回英会話に通うよりも、毎日1フレーズでも英会話をするのが良いんです。

でも学生時代から英語を勉強していない人が、突然英会話をしようと思っても困ってしまいますよね。

そこでオススメなのが基礎英会話のCDです。中学英語レベルで簡単な表現から始めて下さい。小学生向きの英会話CDもたくさん販売されています。
かけ流しは自然と身に付きやすいですので、朝食を摂っている時間だけなどルールを決めて流してみると良いですね。

「書く」勉強は中学校から

英語を勉強するなら、ついでに英単語のスペルも学習させたほうが良いのでしょうか。
小学生の英語ではまだそこまで求められていません。アルファベットの大文字、小文字が認識できるレベルでも十分なんです。

一度に色んなことを始めようとしても、子どもも戸惑ってしまいますよね。
慌てずゆっくり、まずは「聞く」ことからスタートして、次に「話す」ことができたら理想的です。

英会話は子どもより大人が通うほうが効果的

 

慌てて英会話を習わせるより、もっと効果があるのは大人が英会話教室に通う方法です。
子どもが習うよりも、大人が習った内容で英会話を教えるほうが効率が良いんです。

子どもだけが英語を勉強しても、会話の練習をする機会がありません。特に親が英語を苦手としているならなおさらです。
親が学習すれば親子で英会話の勉強をすることができるため、子どもの伸びも良くなります。
スポンサードリンク



まとめ

小学校の英語の授業では、会話中心の内容でまだ本格的なお勉強ではありません。
慌てて習い事に通うよりも、おうちの中で親子で少しずつ英会話を勉強してみましょう。

Uncategorizedの関連記事
  • 子供英会話3
    小学校の英語授業対策をしよう!習い事なしで家庭でできることは何?
  • 自然の中で遊ぶ三重のもくもくファーム、宿泊もできる?
おすすめの記事